不倫 不妊治療

不倫後悔懺悔室|10人の不倫経験者が告白。婚外恋愛の地獄と末路

MENU

不妊治療がうまくいかず、夫とのエッチは苦痛に

証券マン
45歳女性です。
38歳の時から、2年半くらい不倫をしていました。

 

その時私は、証券会社の債権決済部で派遣社員として事務の仕事をしていました。
彼はその直属の上司で、彼から誘われ関係が始まりました。

 

年齢は私よりも一回り上で50代。
ちょうど脂の乗り切った年齢で非常に仕事のできる人でした。

 

性格は穏やかで優しく、思いやりのある人でした。
身長が180センチくらいのスラッとした体型で、とても50代には見えませんでした。

 

家庭では夫とはうまくいっておらず

 

私は28歳の時に職場結婚をしていました。
主人との間には子供が出来ませんでした。

 

不妊治療を続けていたのですが、精神的に参ってしまい、主人ともギスギスした関係になっていました。
毎日のように喧嘩をして、ほとんど口をきかない日々が続いている時でした。

 

彼とは、仕事の後に待ち合わせをして、美味しい食事を楽しんだ後は、必ずシティホテルに行きセックスをして、12時前には自宅に戻るというデートでした。
毎回同じようなデートでしたが、大切にされている、優しくされていると思えるだけで何をしても楽しかったです。

 

彼の海外赴任で関係は終わりに

 

彼がアメリカの支店に赴任してしまい、そのまま遠距離になってしまいました。
上司のご家族全員でアメリカへ引越したため、思うように会うことが出来なくなり、連絡も日本と海外なので滞りがちになり、そのまま自然消滅という形になってしまいました。

 

好きな人に会えなくなり、そのまま音信不通、裏切られたような気持になり、本当に苦しく辛い経験でした。

 

 

現在は主人ともそれなりにうまくやっていけるようになりました。
しかし、不倫をしていた時のことを思い出すたびに、主人を裏切ったという罪悪感がふつふつと湧いてきて自分を責めてしまい、夜も眠れない日々もありました。

 

不妊治療でイライラしていたからといって、主人を裏切ってしまった言い訳にはならないと感じています。
今、当時を振り返っても一時の気の迷いとはいえ、本当に悪い事をしたと大反省しています。

 

不倫をしている時は、やってはいけないことをやっているという気持ちも手伝って、非常に高揚した心理状態になります。
つまり、普通の状態ではなく浮かれた状態なのです。

 

正しい判断ができない状態で、自分さえ楽しければよいという身勝手な考えで不倫をしてしまうと、後で必ず激しく後悔します。
ですから是非、今一度冷静になってじっくりと考えるべきです。

 

相手の家庭までも壊してしまったらそれこそ取り返しがつかないのです。
そのことをぜひ知って欲しいです。